OUTLINE

大規模な地殻変動により造られた「島根半島」。
この稀有な自然環境を最高に楽しめる、秋のサイクリングを開催します。
絶景の日本海、中海を巡りながら、ご当地地産グルメを堪能する約94km(46km)のサイクリングです。

大会概要

名称 島根半島東部ナショナルパークライド 2022
主催者 島根半島東部ナショナルパークライド実行委員会
共催 大山隠岐国立公園満喫プロジェクト島根半島東部協議会
後援 松江市、島根県、 (一社)松江観光協会、(一社)松江観光協会美保関町支部、美保関地域観光振興協議会、(一社)松江観光協会島根町支部、シマノ株式会社、ジャイアントストア松江
運営 NPO法人サイクリストビュー 

大会スケジュール

ロングコース 94km

スケジュール 2022年11月27日(日)
当日受付 8:00~9:00(バイクシール・コースマップ配布)
開会式 9:00~
出発時間 9:30〜 七類港
最終時間 ~16:00
スタート・ゴール・AS スタート:七類港
第1AS/美保関灯台 15.2km(制限時間10:30)
第2AS/片江ふれあい会館 31.5km(制限時間12:00)
第3AS/マリンゲートしまね 53.6km(制限時間13:00)
第4AS/佐太神社 63.5km(制限時間13:30)
第5AS/本庄道の駅 80.0km(制限時間15:00)
ゴール:〜16:00/七類港
ゴール後はお楽しみ抽選会
*ゴールへは午後4時までに帰着できるよう、ご協力下さい。

ショートコース 46km

スケジュール 2022年11月27日(日)
当日受付 8:00~9:00(バイクシール・コースマップ配布)
開会式 9:00~
出発時間 9:30〜 七類港
最終時間 ~16:00
スタート・ゴール・AS スタート:七類港
第1AS/美保関灯台 15.2km(制限時間10:30)
第2AS/片江ふれあい会館 31.5km(制限時間12:00)
ゴール:〜16:00/七類港
ゴール後はお楽しみ抽選会
*ゴールへは午後4時までに帰着できるよう、ご協力下さい。

エイドステーション及び補給食

コース上に5箇所のエイドステーションを設置します。
各エイドステーションでは、ご当地ならではのオリジナルグルメをお楽しみいただけます。
下記は2021年のものです、2022年は更なる進化を遂げる予定です。

第1エイド  美保関灯台
どじょう掬い饅頭
冷やしサツマイモホイップはちみつかけ、くろもじ茶

第2エイド  片江ふれあい会館
赤貝ごはんおにぎり、わかめ汁、漬物

第3エイド  マリンゲートしまね
サザエご飯おにぎり、みそ汁、イチジクかりんとう

第4エイド  佐太神社
地元産品オリジナルスウィーツ

第5エイド  本庄道の駅
あんぽ柿、弁慶大判焼き

ゴール    
解禁直後の山陰ベニズワイガニ汁

解禁直後の山陰ベニズワイガニ汁

参加資格

健康な方。
ただし、16歳未満の参加者および障害者は、成年の伴走を義務付けます。
※すべての未成年者は保護者の同意を必要とします。
※大会側で伴走者は用意いたしません。
※伴走者の申し込みは不要です。入力項目の「伴走者氏名」に伴走される方のお名前をご入力下さい。

機材及び携行品

※自転車のレンタルはしておりません。ヘルメットの着用必須。

自転車について

安全に十分に配慮、整備されたものを使用する。また、トンネル内走行のための十分に視界が視認できるライト等の装着、使用の点検を行っておくこと。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

  • 新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底する為、マスクやバンダナ等は必ず携帯ください。
  • 走行時の車間距離を5m確保、停車時には2m確保し、ソーシャルディスタンスを維持してください。

走行について

  • 自転車用ヘルメット、グローブを着用する。
  • パンク等のトラブルに対する修理はセルフリペアとする。最低限のパンク修理工具、携行ポンプ、予備チューブ等を各自用意、携行すること。
  • 当日、修理業者の同行及び予備車輪などの機材サポートは行わない。スタッフによる最低限の対応とする。

その他

  • 長距離走行に対してエイドステーションの補給は充分ではありません。大会当日の高気温に対応できるよう、各自で充分に飲料や補給食を用意し、コース上でも自販機等を利用して任意に補給ができるよう、必要と思われる程度の金銭を携行してください。
  • 雨天の場合、肌寒さを感じる気温まで下がる恐れがあります。レインウェア、長袖ジャージなど寒さ対策をご用意下さい。
  • お持ちの方は携帯電話を非常用に携行してください。

開会式及び走行上の注意事項

  • 新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から開会式は行いませんが、出発前にブリーフィングでコースの説明を行います。
  • 道路上では簡易のサインと立哨誘導員による誘導を行います。
  • 各人には、現在位置確認の為の地図(詳細ではありません)をお渡しします。
  • 立哨員の誘導・指示に従い円滑な運営にご協力をお願いいたします。

大会規則

大会方式

大会はマップリーディングを併用したチェックポイント方式で行う。
コースの誘導は必要と思われる箇所に立証誘導員を配置します。またオフィシャルライダー(オートバイ)が伴走する。運営上、緩い時間制限を設けるが、競争ではなく交通規制は行わない。(顕著にスピードを出し、サイクリングを逸脱している走者はスタッフが注意します)
但し、エイドステーションの開設時間は設定し、その開設時間を過ぎてからのエイドステーションへの到着は、リタイヤ扱いとする。

走行ルール

  • 交通法規を徹底遵守すること。(交通規制をしないので信号、交差点は必ず止まる。2段階右折の実施。参加者は一列で走行し、並走を絶対禁止する。)
  • 指定ルートを外れてはならず、エイドステーションにて通過を証明するチェックを受ける。これがない場合、ゴールしても完走と扱わないことする。
  • 下り坂での自動車の追い越しの禁止。
  • カーペーサーと呼ばれる、自動車へのスリップストリーム行為の禁止。
  • 一般車両の交通阻害となるため、応援者等による自家用車での一切の伴走を禁止します。応援の方は、迂回ルートにて各エイドステーションまで先回りください。
    特に交通量が少ないので気が緩みがちですが、交通規制を行っていないので、見通しの悪いコーナーなど突然の対向車を常に意識して常にブレーキング優先を心がける。

その他スタッフの指示に従った走行を行ってください。

アクシデント

  • 落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急処置や、病院等の救護所での応急処置を受けられますが、その後は参加者本人の責任で適切な処理を受けてください。
  • 落車を発見した場合、その大小にかかわらず声を掛け合い、無事を確認するなど相互扶助の精神で対応してください。
  • 落車で頭部を打った場合、無理をして再スタートせず、スタッフを呼ぶ。

※上記に記載していない内容については、当日ブリーフィングにおいて説明します。

機材トラブル

  • 予備車輪等のサポートは行わないがパンクや軽度のメカトラブルには車両スタッフが対応します。
  • パンク修理(チューブ交換)の技能は習得しておくこと。
  • 著しい車体の破損が起きた場合はリタイヤとして扱うので、大会前に整備を怠らないこと。

リタイヤについて

  • 第1AS〜3ASの制限時間内にASを通過できなかった場合、身体、機材の問題で走行不能となった場合、リタイヤとします。
    リタイヤした参加者は、以降スタッフの指示に従ってください。
  • また、全行程において自らリタイヤをされる場合はスタッフに申し出て下さい。

※リタイヤ後、ゴールまたは指定の場所まで自走する場合は、バイクシールを外して自走することをスタッフが指示する。

走行時

  • スタートは、蜜を避けウェーブスタートとし、【30m間隔で】1台ずつスタートします。
  • 道路交通法に基づき、交通ルールを守って楽しくファンライドしてください。
  • 走行時の車間距離を10m確保、停車時には2m確保し、ソーシャルディタンスを維持してください。
  • 体調不良や事故、自転車故障などのトラブル発生時には、車両スタッフにお声かけください。
    緊急時の連絡は携帯電話でも可能です。
  • コース途中にチェックポイント、エイドステーションを設けております。ここでは、通過確認の自筆サインの記入をお願いします。

大会中止の判断

災害レベルで、大会が安全に運営できないと判断した場合には、前もって中止の判断をご連絡を行いますが、雨などの場合、当日の判断になるかと思います。警報が出ない限り、少雨、通常の雨の場合は決行します。したがって前日など、あらかじめ決定した中止につきましては事務局よりご連絡差し上げますが、当日の微妙な判断を必要とする程度の気象変化につきましてはご理解いただき、個々人の判断でご参加ください。
最終の判断については、NPO法人サイクリストビューのfacebook page の掲示板に前日夜7時以降に記載します。

参加通知書について

参加通知書は、大会事務局より締切後10日前後で発送予定です。
尚、この件に関しましては、下記大会事務局へお問合せ願います。
◆NPO法人サイクリストビュー TEL0852-21-3920

誓約尊守事項

  1. 大会は、交通ルールを遵守したサイクリングイベントであることを理解し、安全に配慮いたします。
  2. 大会主催者側の定めた規則を守り、スタッフの指示に従います。
  3. 大会中に事故(落者を含む)が発生した場合、本人及び同伴者の責任において処理し、傷害保険の他は、大会主催者に一切の責任を問いません。傷害保険については、参加費に含まれ加入済みです。
  4. 大会中に撮影した写真等は、メディアに使用することを許可します。
  5. 気象条件、道路状況、情勢の変化等により本大会が中止または延期になった場合、参加料の返金を求めません。
  6. 参加者の所有品についての盗難、破損等におよぶ管理責任は、参加者本人が負うものとします。

大会参加費の振込みを持って、上記内容を理解・誓約したものとします。
当日、参加者本人の誓約書署名を行います。ご協力をお願い致します。

その他

手荷物については、スタート会場にて管理します。
但し、貴重品に関しては各自の責任において管理して下さい。

2022年11月28日(日)