OUTLINE

やまなみ街道、三瓶山を擁する山間のまち、島根県飯南町。この平和な町に突如、極熱のクライムサイクリングが出現した。灼熱の太陽に身体を灼かれ、美しき江ノ川の水が誘うも手にする事は叶わない。時おり眼前に現れる地元夏グルメに群がりながら、クライマーの限界に挑戦せよ!!

大会概要

大会名称 やまなみ街道クライムライド2019
開催日時 2019818日(日)8:30~16:30
前日受付 8月17日(土)15:00~17:00
当日受付 8月18日(日) 7:00~8:00 
スタート/ゴール/受付 飯南町 道の駅赤来高原
参加費 ロング 140km 7,500円(税込)
ミドル 110km 6,500円(税込)
ショート 66km 5,000円(税込)
参加申込期限 2019716日(火)
前夜祭 2019817日(土)18:00~20:00
参加資格:大会参加者
参加費:お一人 4,000円
会場:憩いの郷 衣掛
①主催者代表 歓迎の挨拶
②ゲストライダー(女性)トークショー
③食事(ご歓談)タイム
④飯南町特産品争奪「じゃんけん大会」
⑤しめ縄作り体験(希望者)
⑥記念撮影&サイン会    (予定)
後援 国土交通省中国地方整備局松江国道事務所、島根県、飯南町、出雲市、雲南市、美郷町、邑南町、三瓶山広域ツーリズム振興協議会、出雲市観光協会、雲南市観光協会、美郷町開発公社、山陰中央新報社、TSK山陰中央テレビ、BSS山陰放送、日本海テレビ(予定)
主催 (一社)飯南町観光協会
運営 特定非営利活動法人 サイクリストビュー

大会スケジュール

8月17日(土) 15:00~17:00 前日受付
18:00~20:00 前夜祭
8月18日(日) 7:00~8:00 当日受付
7:15〜 出走受付
8:30〜 競技スタート(ロング 140km・ミドル 110km)
9:00〜 ショート 66km スタート
〜16:30 ゴール制限時間(ゴール地点)

募集要項

参加資格

健康な方。ただし16歳未満の未成年者および障害者は、成年の伴走を義務付けます。
また、すべての未成年者は保護者の同意を必要とします。

熱中症対策として、事前に酷暑対策のトレーニングを行い、各自で体調管理を万全にして大会にご参加ください。

機材および携行品

  • 十分に整備された、安全装置を有する自転車に、ヘルメットとグローブを着用する。特に、車検はありません。(当日の整備サービス有)参加前にプロショップで整備を済ませてご来場ください。
    ★コースの一部でトンネルを通過するので反射材、ライトを装着すること。【必ず必要です!】
  • パンク等のトラブルに対する修理は、参加者個人によるセルフリペアが原則です。対処できる工具、携帯ポンプ、予備チューブ等を携行すること。予備車輪などの機材サポートは行いません。大会中は契約業者さんによる、コース場でのパンク修理サポートを実施予定(有料)。
  • 長距離走行ですので、エイドステーションで補給食を提供します。しかし、大会当日の高気温や体調にあわせて、各自で充分に飲料や補給食を用意し、コース上でも自販機等を利用して任意に補給ができるよう、必要と思われる程度の金銭を携行することをお勧めします。
    特に140、110kmコースの参加者にはWボトルの携行を必須とします。
  • 携帯電話を非常用に必ず携行してください。
  • 雨の多い地域ですので、雨具は必ずご用意下さい。

誓約事項《必ずお読みください》

下記の誓約事項に基づき、全参加者に誓約書への署名をし、提出してもらいます。
※誓約書への署名・提出にあたっては、当日(前日)受付時に、下記内容が書かれている旨を受付スタッフが説明します。

  1. 大会は交通ルールを遵守したサイクリングイベントであることを理解し安全に配慮いたします。
  2. 大会主催者側の定めた規則を守り、スタッフの指示に従います。
  3. 大会中に事故(落車を含む)が発生した場合、本人及び同伴者の責任において処理し、大会主催者に一切の責任を問いません。
  4. 大会中に撮影された写真、映像についてメディアに露出することを許可いたします。
  5. 気象条件、道路環境の激変により大会が中止になった場合、参加料の返金を求めません。
  6. 参加者の所有品についての盗難、破損等におよぶ管理責任は、参加者本人が負うものとします。
    大会参加料の振込みをもって、上記を誓約したものとします。
    当日、誓約書の署名も行いますので事前送付の資料にて誓約内容をご確認ください。

大会規則《必ずお読みください》

本大会はロングライドのサイクリングイベントです。参加される方は次の規則に基づき大会を楽しんでください。

酷暑の中での開催が予想されます。
身体的負担増を考慮に入れた距離の選択をお願いします。

大会方式

  • 大会はマップリーディングを併用したチェックポイント方式で行います。
  • コースの誘導は必要と思われる箇所に立証誘導員を配置します。
  • その他路上にはガイドとなるガードレールへのパウチ式の矢印サインを設置、またオフィシャルライダー(オートバイ)が伴走する。
  • 運営上、緩い時間制限を設けるが、競争ではなく交通規制は行わない。(顕著にスピードを出し、サイクリングを逸脱している走者はスタッフが注意します)
  • 但し、エイドステーションの開設時間は設定し、その開設時間を過ぎてからのエイドステーションへの到着は、リタイヤ扱いとする。

走行ルール

  • 交通法規を遵守すること。(交通規制をしないので信号、交差点は必ず止まる。指定ルートを外れてはならず、エイドステーションにて通過を証明するチェックのスタンプを受ける。これがない場合、ゴールしても完走と扱わないことする。
  • 一般車両の交通阻害となるため、応援者等による自家用車での一切の伴走を禁止します。応援の方は、迂回ルートにて各エイドステーションまで先回りください。
  • 特に交通量が少ないので気が緩みがちですが、交通規制を行っていないので、見通しの悪いコーナーなど突然の対向車を常に意識して、常にブレーキング優先を心がける。
  • その他スタッフの指示に従った走行を行ってください。

アクシデント

  • 落車などにより軽傷を負われた場合は、スタッフが携行する救急道具での応急処置や、病院等の救護所での応急処置を受けられますが、その後は参加者本人の責任で適切な処理を受けてください。
  • 落車を発見した場合、その大小にかかわらず声を掛け合い、無事を確認するなど相互扶助の精神で対応してください。
  • 落車で頭部を打った場合、無理をして再スタートせず、スタッフを呼ぶ。

※上記に記載していない内容については、当日ブリーフィングにおいて説明します。

機材トラブル

  • 予備車輪等のサポートは行わない。
  • パンク修理(チューブ交換)の技能は習得しておくこと。
  • 著しい車体の破損が起きた場合はリタイヤとして扱うので、大会前に整備を怠らないこと。

リタイヤについて

  • 第4AS~第6ASの制限時間内にASを通過できなかった場合、身体、機材の問題で走行不能となった場合、リタイヤとします。リタイヤした参加者は、以降スタッフの指示に従ってください。
  • また、全行程において自らリタイヤをされる場合はスタッフに申し出て下さい。
    ※リタイヤ後、ゴールまたは指定の場所まで自走する場合は、ゼッケンを外して自走することをスタッフが指示する。

詳細について