松葉ガニ

日本海の冬の味覚の王様

松葉がに

山陰沖で獲れる成長した雄のズワイガニのことを「松葉ガニ」と呼びます。漁場が近く、生きたまま港に持ち帰れる事が松葉ガニの旨さの秘密。日本海のうまみが凝縮され、甘くて上品な松葉ガニは、全国に高級ブランドとして珍重されています。
「松葉ガニ」の名前の由来は、細長い脚の形や脚の肉が松葉のように見えるからという説、脚の殻をはいで水につけると松葉のように広がるからという説、漁師が浜まで大鍋を据え松葉を集めて燃やしたからという説など、諸説ありますが、いずれも定かではありません。
漁は寒さが厳しくなり海が荒れる冬場に行われます。それは松葉ガニが一番美味しいとされる時期のため。松葉ガニの漁場は島根県の隠岐諸島の近海が中心です。そのため島根県でこそ美味しい松葉ガニを楽しむことができるのです。